メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーキング

レヴァンドフスキとフンメルス、練習中に言い争い…移籍報道の影響も?

情報提供:サッカーキング

レヴァンドフスキ(左)とフンメルス(右)が練習中に言い争いをしたようだ [写真]=Bongarts/Getty Images
 バイエルンに所属するポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキが見せた練習中の行動について、ドイツ代表DFマッツ・フンメルスが怒りを露わにしたようだ。両者の間で激しい言い争いに発展したと、2月28日付のドイツ紙『ビルト』が伝えている。

 公開された28日のトレーニングでは紅白戦が行われ、レヴァンドフスキとフンメルスは同じチームに振り分けられた。その紅白戦の終盤、相手チームがボールを持っている時にレヴァンドフスキが守備をせず、ほどけた靴紐を結び直している間に相手チームに決勝点を奪われ、2人がいるチームは敗れた。

 レヴァンドフスキの行動に激昂したフンメルスは、すぐさま同選手に近づいて「レヴィー、お前正気か?本当に靴紐なんか結んでたのか?クソ野郎だな!」と怒鳴りつけた。

 するとレヴァンドフスキも「だけど、お前もさっきボールを失ってただろ」と言い返したという。両者の言い合いはさらにエスカレート。フンメルスが「あれはミスだった。だがお前の問題は、その態度だ」と言えば、レヴァンドフスキが「お前、いつもボール失ってるだろ。口だけかよ」と返し、「黙れ!謝れよ!」と互いに相手を罵り合った後で別々にロッカールームへと引き上げていった。ユップ・ハインケス監督をはじめ、他の人間が間に割って入ることはなかったようだ。

 練習中から勝負にこだわるがゆえのぶつかり合いにも見えるが、レヴァンドフスキをめぐっては今夏の移籍市場でレアル・マドリードへ移籍する可能性が取り沙汰され、報道が盛んに行われている。『ビルト』によると、周囲の騒々しさが同選手に悪影響を及ぼしている可能性もあるという。とはいえ、両者ともバイエルンの中心選手であることは間違いない。早期の関係修復が必要が望まれる。

(記事/Footmedia)



【関連記事】
スペイン紙が最も足の速い選手10名を掲載…1位はあの選手
「CL優勝したことがない」ベスト11が豪華すぎると話題に
実はバロンドールを受賞したことがない10人の偉大な選手たち
イブラやピルロ、レヴァンドフスキも…サッカー史に残る「最高のフリー移籍」
不運過ぎる? ピッチ外のアクシデントで離脱を強いられた12名の選手たち

情報提供:サッカーキング

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 周庭氏を逮捕 民主活動家、「雨傘運動」学生リーダー 国安法違反容疑で香港警察

  2. 家族で登山中に行方不明の小6男児を無事発見 新潟・上越

  3. 首相あいさつ93%一致 広島と長崎、過去例とも類似 被爆者「ばかにしている」

  4. 女性に無断で堕胎させた疑いで外科医を逮捕 麻酔薬飲ませる 岡山県警

  5. 香港民主派リーダー周庭氏に有罪 「日本、世界の皆さんも注目してほしい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです