メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーキング

元南ア代表MFピーナール、35歳で現役引退…エヴァートンなどで活躍

情報提供:サッカーキング

エヴァートンなどで活躍(写真は2014年)したピーナールが現役引退を表明 [写真]=Getty Images
 元南アフリカ代表MFスティーヴン・ピーナールが2月28日、自身のツイッターを更新。現役引退を表明した。

 ピーナールは「本当にスペシャルなファンたちのおかげで、素晴らしいライドになった。ありがとう。誇りに思っているよ」とつづり、自身の動画メッセージを掲載。「今日、フットボールキャリアからの引退を表明するよ」と語りかけている。

 ピーナールは1982年生まれの35歳。アヤックスの下部組織出身で、2001年からトップチームでプレーした。2006年にはドルトムントへ移籍し、翌2007年夏からはエヴァートンでプレー。2011年1月から約1年間、トッテナムでプレーした後、エヴァートンに復帰した。同クラブには2016年まで所属し、昨シーズンはサンダーランド、そして昨年からは母国のビッドヴェスト・ウィッツFCでプレーしていた。

 南アフリカ代表としても2002年から2012年まで活躍し、2002年の日韓大会と2010年の母国開催大会と、2度のワールドカップ出場を記録している。



【関連記事】
スペイン紙が最も足の速い選手10名を掲載…1位はあの選手
「CL優勝したことがない」ベスト11が豪華すぎると話題に
実はバロンドールを受賞したことがない10人の偉大な選手たち
イブラやピルロ、レヴァンドフスキも…サッカー史に残る「最高のフリー移籍」
不運過ぎる? ピッチ外のアクシデントで離脱を強いられた12名の選手たち

情報提供:サッカーキング

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相の被爆地あいさつ「文面が酷似」と怒りの声 官邸HP掲載の全文と同じ構成・表現

  2. 女性に無断で堕胎させた疑いで外科医を逮捕 麻酔薬飲ませる 岡山県警

  3. 悼む 拉致被害者・横田めぐみさんの父 横田滋さん=6月5日死去・87歳

  4. 安倍首相は誰に向けて語っていたのだろうか わずか16分間の会見を考える

  5. デジタルVS 肺炎診断、アリババAI 日本でも先行 無料提供、「国産」出遅れ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです