メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

「服育」ってなんだろう ブランド不要、心伝える術学ぶ

東京・銀座の中央区立泰明小学校が導入する標準服

 新入生の入学準備が進む季節を迎え、「ブランド制服」論争が冷めない。東京・銀座の中央区立泰明小学校が導入する標準服(制服)=左の写真=のデザインを監修したのは、イタリアの高級ブランド「アルマーニ」。その理由とされる「服育」を正面から考えた。【鈴木梢】

 7年前の冬に起きた小さな出来事を覚えているだろうか。前橋市の児童相談所に届いた10個のランドセル。差出人は「伊達直人」とあった。プロレスで稼いだファイトマネーを孤児院に寄付する漫画「タイガーマスク」の主人公を名乗っていた。

 匿名の男性は2016年に実名を公表した。前橋市に暮らす河村正剛さん(44)。現在は行政と連携して子どもの自立支援の活動を続けている。ブランド制服について、どのように考えているのだろう。

この記事は有料記事です。

残り3274文字(全文3604文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石川県知事、外出自粛の東京都民に観光アピール 地元は困惑

  2. NHK、大河と朝ドラの収録を一時休止 撮影現場で安全対策限界

  3. 特集ワイド 政府・与野党連絡協議会の次は 国難コロナで大連立機運? 対応専念で一時休戦/森友など覆い隠される

  4. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  5. 例外いろいろ「屋内禁煙」 罰則も効き目は未知数 改正健康増進法全面施行

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです