連載

シネマの週末・特選掘り出し!

毎日新聞デジタルの「シネマの週末・特選掘り出し!」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

シネマの週末・特選掘り出し!

しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス ある画家の壮絶な人生

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 ユーモラスに誇張された猫などの動物、鮮やかな配色の草木や田舎の風景。芸術家の伝記映画には苦行のような生き様を描いた作品が少なくないが、これほど明るく可愛らしい絵の描き手が壮絶な人生を送っていたとは、誰も想像できないだろう。カナダ・ノバスコシア州の画家モード・ルイス(1903~70年)の創作と結婚生活に光をあてた人間ドラマだ。

 幼い頃からリウマチの障害に苦しんでいたモードは、両親に先立たれたのち、意地悪な叔母のもとを離れ、魚の行商人エベレットの住み込み家政婦になった。電気も水道もない粗末な家の壁や窓に絵を描き始め、まもなく2人は結婚。やがてモードの絵は評判になり、マスコミが押し寄せてくる。

この記事は有料記事です。

残り211文字(全文509文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集