メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人生は夕方から楽しくなる

俳優・加藤健一さん 「役」は自分の別な顔 解き放つ、あの快感

「演劇は遊び。でも必死に遊ぶのは結構つらくて、コメディーをやってて、両親が危篤状態だったときはきつかったですね」=東京都練馬区で、小出洋平撮影

 不思議なムードをまとわせている。現在主演している舞台「ドレッサー」のけいこ場のセットでのこと。インタビューを始めて半時間ほどすると、劇の主人公に、新聞記者役の私が問いかける芝居をしている気がしてきた。本番の舞台のように。そして「主役は大戦下、『リア王』を演じる70歳くらいの老いた英国俳優でね。いま68歳の僕と同じ年回りなんで」という彼の言葉に「えっ」と一瞬驚く。「68歳」と頭ではわかっていながら、50代の私と同輩だといつのまにか思い込まされていた。

 対面しているうち、私は彼の世界に巻き込まれ、同時に彼は私の領域にあっさり降りてくる。共感力、同調力…

この記事は有料記事です。

残り1608文字(全文1885文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕
  2. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  3. 「撤回まったく考えてない」 韓国と協議せず 経産相 輸出規制強化で
  4. 1人の女性に狙いか 福岡・粕屋死体遺棄事件容疑者 勤務先「まさか」
  5. 日韓 自分の物差しで相手をはかるな 「嫌韓」は危険

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです