メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

丹下日出夫のズバッと

阪神11R・チューリップ賞 (土曜競馬)

連勝濃厚 ラッキーライラック

 昨年の最優秀2歳牝馬ラッキーライラックが桜花賞に向け始動する。オルフェーヴルの初年度産駒で、新潟マイルのデビュー戦を上り33秒1の切れ味で勝ち上がると、力勝負の東京マイルのアルテミスSを最速の上がりを駆使して快勝。前走阪神ジュベナイルFは中団で様子を見ながら4コーナーで外へ。横綱相撲の競馬で1分34秒3の好時計をマークして完勝した。上がり33秒7は歴代でも最上位にランクされる優秀な数字だ。3カ月ぶりの実戦となるが、480キロ台の馬体は一段と張りを増し、栗東Cウッドチップコースでの追い切りの伸び脚もしっかりしていた。無傷の4連勝へ…

この記事は有料記事です。

残り423文字(全文705文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  2. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

  3. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  4. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

  5. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです