特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月9日~25日)の特集サイトです。

特集一覧

夢ありて

90センバツ/5止 乙訓 初出場 スパーン、理想のフォーム体感

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
理想の投球フォームを追求し、めんこを使ってトレーニングする乙訓の左右両エース=京都府長岡京市で、小松雄介撮影
理想の投球フォームを追求し、めんこを使ってトレーニングする乙訓の左右両エース=京都府長岡京市で、小松雄介撮影

 <第90回記念選抜高校野球>

 中庭で乾いた音を響かせ、理想のフォームを追求する。乙訓(京都)の投手陣が地面に投げつけているのは段ボールをガムテープで巻いた自作の「メンコ」だ。

 プロ野球横浜(現DeNA)出身の染田賢作部長(35)が、プロ時代にコーチから学んだ練習という。肩や腕の力は抜き、最後にスナップを利かせて投げ下ろす。フォームに無駄がなければ、力を入れなくても「スパーン」と良い音が鳴る。

 メンコで遊んだことがないという末崎圭亮投手(2年)も「リリースポイントが安定してきた」と効果を実感。昔懐かしい遊びが、現代の練習の一端を担っている。=おわり<写真・小松雄介 文・礒野健一>

次に読みたい

あわせて読みたい