メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

広島原爆

平和願い、光再び 爆心地・元住民の街並み再現画集、今春復刊

 広島市に投下された原爆の爆心地にあり、壊滅した繁華街・旧中島地区。家族5人を失った元住民の男性が、被爆前の街の姿を鉛筆で描いた画集が今春復刊される。街並みをモノクロで緻密に表現した絵は、戦時中の広島を舞台にした映画「この世界の片隅に」(片渕須直監督)の製作で参考にされた。映画がロングラン上映を続ける中、画集に再び光が当たった。【山田尚弘】

 画集の作者は、広島市西区の森冨茂雄さん(88)。1945年8月6日の原爆投下時、自身は学徒動員先に…

この記事は有料記事です。

残り831文字(全文1052文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. サッカーキング 白星発進の日本、試合後はサポーターがゴミ拾い…コロンビア紙が賛辞
  2. 和歌山資産家変死 会社事務所を家宅捜索 殺人容疑で
  3. 社説 加計学園理事長が初会見 軽すぎる「作り話」の始末
  4. 地震 大阪・震度6弱 死者5人、負傷408人に 住宅一部損壊、500棟超す
  5. クローズアップ2018 加計氏、根拠なき強弁 「首相面会、記憶も記録もない」「虚偽、指示せず」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]