特集

第94回センバツ高校野球

第94回選抜高校野球大会の特集サイトです。1月28日の選考委員会をライブ配信します。

特集一覧

アンビシャス日大山形!

センバツの記憶 1973年 45回大会 野球部OB・熊谷篤彦さん(61) /山形

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
熊谷篤彦さん 拡大
熊谷篤彦さん

 <第90回記念選抜高校野球>

一球の大切さ心に

 センバツの直前に左肩を痛め、腕が上がらなくなりました。監督は「治さないと連れて行かない」とキッパリ。当時も厳しかった。テレビが珍しく、ラジオが当たり前の時代でした。両親は耳が不自由で、懸命に受信機に体を寄せる。その姿を思い起こし、頑張ることができました。

 身長168センチ、体重68キロ。しかし、落差の大きいカーブに絶対の自信があった。それでも1年生ですから、おっかない先輩たちの足を引っ張らないよう必死でしたね。初戦ではいきなりに二塁打を浴びましたが、カウントをとりにいった直球。決め球ではないので、冷静さを失わなかったことが良かった。

 過去のミスときちんと向き合い、周囲の一言を素直に受け入れる気持ちを持ってほしい。投手には一球の大切さを身に染み込ませてほしい。打たれることはある。その時は「相手が一枚上手だった」と納得できるよう、自身を磨いてください。【聞き手・的野暁】

関連記事

あわせて読みたい