メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校入試

公立 全日制4万4439人受験 定時制は1146人 /埼玉

試験の開始を待つ受験生=蕨市北町5の蕨高で

 今春入学の公立高校入試の学力検査が1日、県内144校で行われた。全日制は4万4439人が受験し、平均倍率は1・16倍だった。定時制の受験者数は1146人で、平均倍率は0・53倍だった。2日は一部で実技・面接試験を実施し、合格発表は9日。

 県教委によると、大宮中央高定時制(受験者数50人)の会場で行った英語のリスニング試験で、本来は1回しか流さない冒頭の日本語による説明を3回繰り返すトラブルがあった。CDプレーヤーのリピート機能を解除していなかったのが原因で、試験時間を1分延長する対応を取った。

 受験者数が募集人員に満たない高校は普通科23校▽専門学科29校▽総合学科4校。欠員補充を行う高校は…

この記事は有料記事です。

残り490文字(全文790文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  2. 河井案里議員に「裏切られた」 車上運動員紹介の広島県議を任意聴取 広島地検

  3. 愛媛・西条市が「若者が住みたい田舎」全国1位に 前年5位からアップ

  4. 高2、転倒の80代男性を介抱 徒歩で1時間、灯油タンク持ち送り届ける

  5. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです