メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チンドン繁盛記

昭和外伝/5 紙芝居、飴で食いつなぐ ドラム使用の契機に /東京

 1940(昭和15)年以降、チンドン屋の仕事がなくなった喜楽家は、3年ほど紙芝居屋をやった。戦後すぐに食いぶちにつなげたのも、チンドンでなく紙芝居である。

 「森下さんていうとこが紙芝居屋の貸元で、そこへウチのおやじが行って借りてきて、『ガム公』という屋号になっちゃった」(富士子)

 紙芝居屋は同じ出し物を順繰りに借りて来て見せるので、そのタイトルが子供たちからの呼び名になった。紙芝居屋は飴(あめ)(菓子)屋でもあり、やはりチンドン屋と同じ根を持つ商売である。昭和大恐慌後の失業者が多く参入して隆盛し、戦争の影響の拡大とともに姿を消すのもよく似ている。

 「森下さん」とは、荒川区で「最後の紙芝居屋」と呼ばれた森下正雄氏(故人)の父で「松島会」という貸元…

この記事は有料記事です。

残り1378文字(全文1705文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 死者54人不明17人 避難者3万8000人 雨に警戒を 台風19号

  3. 長野・佐久でボランティア受け付け開始 若者ら232人が片付けに汗

  4. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  5. 満身創痍ギリヤーク尼ヶ崎さん 西新宿で青空舞踏 命の尊さ祈り捧げる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです