メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校入試

合格者数、募集人員割れ 都立高で初、382人下回る /東京

 都立高で1日、一般入試の合格発表があり、全日制172校で3万1006人が合格した。難関校は高倍率だったが、33校が定員割れした影響で、合格者数が募集人員(3万1388人)を382人下回った。都教育委員会は1997年に補欠合格制度を廃止し、辞退者を見込んであらかじめ合格者を水増しする措置を行っているが、この年以降で合格者数が募集人員を割ったのは初めて。

 募集人員に対する実質倍率は1・38倍で、前年度より0・04ポイント低下した。実質倍率が1・4倍を割…

この記事は有料記事です。

残り233文字(全文460文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  2. 大阪震度6弱 緊急地震速報、間に合わず 震源近く
  3. 高校バスケット 判定に不満 延岡学園選手が突然審判殴る
  4. 大阪震度6弱 高槻市長が謝罪 倒壊した塀、基準満たさず
  5. 大阪震度6弱 携帯電話通じにくく コンビニで通信障害も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]