JR福井駅前

三角地帯再開発に330億円 補助対象は170億円 市議会建設委 /福井

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 JR福井駅西口の中央大通りと駅前電車通りに挟まれた「三角地帯」の再開発について福井市は1日、市議会建設委員会で、総事業費を約330億円と明らかにした。このうち、補助対象は約170億円で、国が2分の1、県と市が4分の1ずつ負担する。

 三角地帯の再開発は、ユアーズホテルフクイの建て替えを軸に、共同住宅やホール、商業などの機能を持たせる構想。地権者の有志が昨年8月に準備組合を発足させ、地権者間で調…

この記事は有料記事です。

残り299文字(全文497文字)

あわせて読みたい

ニュース特集