特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

STRONG

’18センバツ東邦 部員紹介/3 投手(1年) 三振の山、期待の成長株 /愛知

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
左から山口、斎田、奥田、植田の各投手 拡大
左から山口、斎田、奥田、植田の各投手

 <第90回記念選抜高校野球>

植田結喜

 中学時代、野茂英雄さんが総監督を務める「NOMOジャパン」に選出された本格派左腕。直球で三振の山を築く期待の成長株で、目標は現チームでの背番号1だ。疲れた時には自室で韓国の人気音楽グループ「BIGBANG」の歌を熱唱する。

山口智生

 183センチの長身を生かし、「(2年生投手の)扇谷(莉)さんを超えるような、より角度のある投球をしたい」と意気込む。走り込みでくたくたになるが、帰宅後は家族に一日の報告をしてリラックスする。

斎田隼

 「甲子園に一番近い」と考えて東邦に入学した。投球時に理想とする体重移動が難しく悩むこともあるが、「継続は力なり」を座右の銘に奮闘する。お笑い動画を見ながら2時間入浴するのが好き。

奥田優太郎

 横手投げからの直球が武器だ。打撃練習の投手を務める時、ストライクゾーンにうまく投げ込めないと落ち込むという。1年の投手仲間と練習後、油そばを食べに行くのが楽しみだ。【横田伸治】=敬称略、随時掲載

次に読みたい

あわせて読みたい