特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

白球に懸けろ!

’18センバツ大阪桐蔭 横顔/8 青木大地捕手/奥田一聖内野手 /大阪

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 <第90回選抜高校野球>

グラウンドで優勝の瞬間を 青木大地捕手(2年)

 名前は「大地のように大きな心を持った人間に」との願いを込めて名付けられた。肩の強さや打撃力に定評があり、外野手を任せられることも多い。

 元々は右打ちだったが、5歳の時、元阪神タイガースの赤星憲広さんの打ち方をまねているうちに「いつの間にか自然と左打ちになっていた」という。

 昨年のセンバツでは、アルプススタンドから優勝をつかんだチームを見届けた。喜びの一方で、「自分も、選手として優勝の瞬間を迎えたかった」と悔しさもあった。それから1年、課題だった打撃力を向上し、メンバー入りを果たした。「センバツでは、今度こそ優勝の瞬間をグラウンドの上で迎えたい」と力を込める。

皆が認めるムードメーカー 奥田一聖内野手(2年)

 陽気な性格で、自他共に認めるチームのムードメーカー。練習で注意して見ているのは「選手たちの雰囲気」。厳しい練習が連日続けば、くたびれて、いつもの元気が無い部員が多い日もある。そんな時は、「明るく掛け声を出し、チームの空気を盛り上げるようにしている」。

 正遊撃手には根尾昂選手(2年)がいるが、投手として出場する機会も多い。「根尾が安心して遊撃手を離れられるように」と日々、シートノックなど実戦的な練習で試合に備えている。

 音楽を聴くのが好きで、一番好きな曲は、GReeeeN(グリーン)の「両親への手紙」。「ずっと部活動を応援してくれる両親の顔が浮かんでくる。大切な一曲です」

次に読みたい

あわせて読みたい