メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ヤマトヤシキ

加古川店を全館改装 百貨店とSC同居型へ /兵庫

 ヤマトヤシキは28日夜、4月から加古川店を1年間かけて全館リニューアルする方針を明らかにした。JR駅前という立地を生かし、テナントの誘致に取り組み、百貨店とSC(ショッピングセンター)が同居するハイブリッド型の「新・百貨店SC」を目指す。姫路店の建て替えについては「時期や施設概要は未定」と従来の説明を繰り返した。

 加古川店は1日から、ヤマトヤシキの100%子会社である新会社「加古川ヤマトヤシキ」(伊角賢一社長)が運営。リニューアルは20~40歳代の女性を意識する内容で、3段階に分けて行う。ヤマトヤシキ幹部は「百貨店の形式にとらわれず、コンテンツを誘致してくる」と説明した。

この記事は有料記事です。

残り329文字(全文619文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  2. 不倫「リンチ」過熱する社会、「完璧な人なんていないのに」金子元議員が問う「許すチカラ」

  3. iPSで国内初のがん治療、千葉大などが治験実施、移植成功

  4. 「幻のヘビ」シロマダラ、民家で鉢の下から見つかる 千葉・柏

  5. 菅首相「鉛」でいい 金メッキははげる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです