現金

産廃処理場で1000万円 2回にわたり見つかる 三木 /兵庫

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 三木署は1日、三木市内の民間産業廃棄物処理施設から約1000万円分の紙幣が見つかったと発表した。

 署によると、施設の業者は拾得した現金を2回にわたって届け出た。最初は2月8日、分別用のベルトコンベヤー上を流れてきた紙幣を作業員が発見。さらに2月14日にも見つかった。破損した紙幣もあり、署が復元など…

この記事は有料記事です。

残り123文字(全文273文字)

あわせて読みたい

ニュース特集