メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

備中松山城跡

大池の水、ぜんぶ抜いた 最大級の城郭貯水池、発掘調査 4日に現地説明会 /岡山

全国の城郭の中でも最大の貯水池とみられる備中松山城跡の大池=岡山剣高梁市内山下で、山本麻美子撮影

 高梁市教委は4日、国史跡・備中松山城跡(同市内山下)の大池発掘調査について現地説明会を開く。池は長辺23メートル、短辺10メートル、深さ4・3メートルの石垣作り。現地視察した滋賀県立大の中井均教授(城郭考古学)は「全国の城郭の中で最大の貯水池」と評価している。【山本麻美子】

 大池は、日本一高い備中松山城天守の北約700メートルにあり、標高443メートルに位置する。市教委は2016年度から発掘調査を実施。池の水を抜き、50~80センチ堆積(たいせき)していた腐葉土を一部除去した。池には石段が2カ所あ…

この記事は有料記事です。

残り380文字(全文632文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染177カ国・地域、世界全域で68万人 死者3万人超える 新型コロナ

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 新型コロナ不況になぜ1人20万の給付金が必要なのか 反緊縮・経済学者の提言を読む

  4. 新型コロナで都市封鎖は実行されるのか 小池都知事「ロックダウン」警告の真意

  5. 最期の別れに親戚も呼べないなんて…新型コロナで葬儀縮小、会食中止 棺不足も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです