メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

シリア停戦、実現できる? 「過激派」掃討は除外 決議後も空爆続く=回答・武内彩

 なるほドリ 国連安全保障理事会が2月24日にシリア全土での停戦(ていせん)を求める決議を全会一致で採択(さいたく)したね。

 記者 スウェーデンとクウェートが主導(しゅどう)し、約2週間にわたって調整しました。拒否権(きょひけん)を持つ常任理事国(じょうにんりじこく)のロシアが難色を示して時間がかかりました。決議では、人道支援活動や支援物資運搬、重傷者らの退避(たいひ)を可能にするため30日間の戦闘停止(せんとうていし)を要求。国連などの車両が医療物資などを必要とされている地域に運び込むことを認めるよう求めています。ただし、過激派組織「イスラム国」(IS)や国際テロ組織アルカイダなどに対する軍事作戦は除外されています。

この記事は有料記事です。

残り557文字(全文870文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 引率の女児4人にわいせつ疑い 兵庫尼崎市公立小教諭逮捕 研修施設で

  2. 即興、紙見ず3分間 小泉環境相 初国連演説手応え 内容は具体性なく

  3. 発生する確率4万分の1のクワガタ展示 高知・四万十川学遊館

  4. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  5. 台風17号 暴風でトタン屋根吹っ飛び民家に直撃 福岡・宗像

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです