メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

シリア停戦、実現できる? 「過激派」掃討は除外 決議後も空爆続く=回答・武内彩

 なるほドリ 国連安全保障理事会が2月24日にシリア全土での停戦(ていせん)を求める決議を全会一致で採択(さいたく)したね。

 記者 スウェーデンとクウェートが主導(しゅどう)し、約2週間にわたって調整しました。拒否権(きょひけん)を持つ常任理事国(じょうにんりじこく)のロシアが難色を示して時間がかかりました。決議では、人道支援活動や支援物資運搬、重傷者らの退避(たいひ)を可能にするため30日間の戦闘停止(せんとうていし)を要求。国連などの車両が医療物資などを必要とされている地域に運び込むことを認めるよう求めています。ただし、過激派組織「イスラム国」(IS)や国際テロ組織アルカイダなどに対する軍事作戦は除外されています。

この記事は有料記事です。

残り557文字(全文870文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  2. こんぴらさん名物「石段かご」26日に終了 担ぎ手高齢化「苦渋の決断」

  3. 「この世界の片隅に」新作 すずとリンの会話が表す「家制度」「貧困」

  4. 大津の園児死傷事故、判決言い渡しが異例の延期 弁護側「被告の体調厳しい」

  5. 首相の地元を歩く 「安倍か林か選べ」 下関で苛烈な自民の政争 「桜」前夜祭の参加者倍増を招いた市長選

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです