メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

「明治150年」と大逆事件 今に通じる「異質者」排除=棚部秀行(東京学芸部)

大石誠之助の墓前で名誉市民決定を報告する立花利根さん(中央)と作家の辻原登さん(右)。辻原さんの小説「許されざる者」の主人公は大石さんがモデルだ=和歌山県新宮市の墓地で1月24日、神門稔撮影

 和歌山県新宮市は1月17日、「大逆事件」で処刑された医師の大石誠之助(1867~1911年)を名誉市民にすることを決めた。命日にあたる24日、田岡実千年(みちとし)市長は、遺族代表の大石のおいの孫、立花利根さん(81)に表彰状を贈った。刑死から107年後に授与された称号だ。明治維新から150年の今年、大石の名誉が大きく回復されたことの意味を考えてみたい。

この記事は有料記事です。

残り1915文字(全文2094文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪で新たに381人感染 300人超5日連続 累計2万人超え 新型コロナ

  2. 呼吸困難や倦怠感…実は深刻なコロナ後遺症 病院で相手にされず 医師「国は対策を」

  3. 高橋・村元ペア華麗なデュエット 鍵山、坂本も フィギュアNHK杯エキシビション

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです