メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

事業のアイデアと資金の集め方=インターネットイニシアティブ会長・鈴木幸一

 余剰資金がだぶつき、超低金利の続く日本だが、IT起業家の状況を見ると、米シリコンバレーはもちろん、アジアのベンチャー企業と比較しても、事業のアイデア、資金の集め方がいかにもつつましい。ベンチャー企業の大半は、真面目ではあるけれど、小さな思いつきばかりが目についてしまう。海のものとも山のものとも分からない起業家に、理屈が付かない資金が流れるよりは健全なのかもしれないが、大化けが期待できない起業ばかりと、老いて枯れ始めている国には、そんなエネルギーしかないのかと、寂しい思いがするのである。

 先日、インドネシアの知人のご子息が、多額の資金を集めて始めたベンチャー企業の話を聞き、オフィスを訪ねてみた。日本のメディアでも紹介されているウーバーのバイク版といった企業である。ウーバーが人を運ぶのに対し、その企業は、人はもちろんレストランの料理から日常品、マッサージ師に至るまで運べるものはすべて即座に運び、決済まで行い、バーチャルなネットワークをバイク便によってつくり上げてしまおうという試みで…

この記事は有料記事です。

残り275文字(全文721文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 革命叫べば逮捕、ならば無言で抵抗 香港人が訴える「目に見えない大切なこと」

  2. 木村花さんが死の前に母に告白したフジテレビの「あおり」とは 被害者からの反論

  3. 鹿児島で新たに34人感染確認 クラスター発生の飲食店の客ら

  4. 国内初のワクチン治験 吉村大阪府知事「前のめりの政治主導」の危うさ

  5. ORICON NEWS 『天才!志村どうぶつ園』16年の歴史に幕 10月から相葉雅紀MCの新番組

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです