メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

レスリング

パワハラ、協会が否定 伊調選手巡る告発

伊調選手を巡る告発したレスリング関係者とレスリング協会の主張の相違点

 2020年東京五輪でメダル有望競技のレスリング界で泥沼の騒動が表面化した。日本協会の栄和人強化本部長(57)が、教え子で五輪4連覇を達成した伊調馨選手(33)=ALSOK=にパワーハラスメントを繰り返したと匿名の関係者が1月に内閣府に告発したためだ。内容を報じる週刊文春が発売された1日、協会は全否定する見解を公表して応酬。内部で解決できないガバナンス(統治)不足をさらした。

 発端は伊調選手が08年北京五輪以降、栄氏が指導する母校の至学館大(愛知県大府市)から拠点を東京都に…

この記事は有料記事です。

残り637文字(全文876文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  2. 電車とホームドアの間に巻き込まれ医師死亡 稼働前で線路側に入れる状態 京急・上大岡駅

  3. 前夜祭「会費5000円」で安倍首相反論 官邸幹部も「唐揚げ増やすなどやり方ある」

  4. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

  5. 電車の英語アナウンス、実はあの人…NHK「英語であそぼ」出演

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです