メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ボクシング

WBCバンタム級王座戦 再戦で完敗、山中引退 ネリに二回TKO

【WBCバンタム級王座戦】二回、ネリのパンチを顔面に浴びてダウンする山中(右)=丸山博撮影

 プロボクシングの世界タイトルマッチ12回戦2試合が1日、東京・両国国技館で行われた。世界ボクシング評議会(WBC)バンタム級元王者で同級1位の山中慎介(35)=帝拳=は、体重超過で王座を剥奪されたルイス・ネリ(23)=メキシコ=との再戦で二回1分3秒TKO負けした。同級王座は空位のままになった。

 山中の戦績は31戦27勝(19KO)2敗2分け。試合後、現役引退を表明した。

 国際ボクシング連盟(IBF)スーパーバンタム級王者の岩佐亮佑(28)=セレス=は、同級13位のエルネスト・サウロン(28)=フィリピン=に3-0で判定勝ちし、初防衛に成功した。岩佐の戦績は27戦25勝(16KO)2敗。

この記事は有料記事です。

残り1118文字(全文1416文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. Go To延期「全く考えず」 菅長官「感染防止と経済活動の両立が大事」

  2. ゾウの死骸に大量のプラごみ タイ当局解剖、消化器官に詰まり出血か

  3. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

  4. 小池氏「むしろ国の問題」 感染再拡大、菅長官の東京問題発言に不快感

  5. 都にチクリ? 菅官房長官、コロナ再拡大は「東京問題」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです