メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

高級なクラフトジン、注目される訳 繊細なこだわり、特長の一杯

コウヤマキの香りを生かしたクラフトジン「槙-KOZUE-」を手にする西浦啓木さん=和歌山県海南市で、花澤茂人撮影

 「ジントニック」や「マティーニ」などのカクテルで親しまれる蒸留酒「ジン」が注目されている。素材や製法にこだわった高級な「クラフトジン」が相次いで発売されているからだ。どのような魅力があるのか。関西にある二つの蒸留所を訪ねた。【花澤茂人】

 ●日本人好みの風味で

 小さな体育館ほどの空間に銀色のタンクが所狭しと並び、かんきつ類やハーブのような香りが鼻をくすぐる。2016年8月に操業を開始した「京都蒸溜所」(京都市南区)は日本初のジン専門の蒸留所。ブームの火付け役となった「季の美」ブランドを打ち出す。「京都でしか造れないジンを、とゼロから造りました」。開発に携わったテクニカルアドバイザーの大西正巳さん(73)は力を込める。

 長年日本で洋酒輸入会社を経営する英国人のデービッド・クロール代表(54)が、海外のクラフトジンブームにヒントを得て3年ほど前から開発に取りかかった。洋酒研究家でもある大西さんや、英国でクラフトジン造りの経験があるアレックス・デイビスさん(29)もチームに加わった。

この記事は有料記事です。

残り1499文字(全文1944文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  2. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  3. チーター赤ちゃん誕生 4匹元気に成長中 多摩動物公園 /東京

  4. ファクトチェック 「生活保護の最低額は月額29万円」は不正確 実態は世帯ごとに異なる支給額

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです