メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読んであげて

ゆりの木荘の子どもたち/2

ゆりの木荘の子どもたち 2

 <広げよう おはなしの輪>

文(ぶん) 富安陽子(とみやす・ようこ) 絵(え) 佐竹美保(さたけ・みほ)

 椿(つばき)さんと佐(さ)倉(くら)さんは、ゆりの木(き)荘(そう)のテラスの隅(すみ)のベンチに座(すわ)って、小(ちい)さな裏(うら)庭(にわ)を眺(なが)めながらおしゃべりをしていました。この老(ろう)人(じん)ホームで暮(く)らし始(はじ)めてすぐ、同(おな)い年(どし)の2人(ふたり)はすっかり意(い)気(き)投(とう)合(ごう)し、今(いま)では大(だい)の仲(なか)良(よ)しといってもいいぐらいでした。

「年(とし)とって、1人(ひとり)で暮(く)らしてると、ほら、いつ転(ころ)ぶんじゃないかとか、ガス…

この記事は有料記事です。

残り1182文字(全文1495文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大きな虹 福岡の空に
  2. バーガーキング大量閉店も「撤退の予定ありません」 新たな20店舗はどこに?
  3. 元吉本新喜劇座長で喜劇役者 木村進さん死去、68歳
  4. 「高プロ」適用、全国で1人だけ 開始1カ月
  5. 「桜を見る会」安倍政権で拡大 支出は当初予算の3倍 「政権近い人招待」と批判も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです