測位衛星

「みちびき」運用延期 一部で精度得られず

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 内閣府は2日、測位衛星「みちびき」の運用開始を11月1日に延期すると発表した。当初は今春に運用開始の予定だったが、一部の地域で予定した精度が得られず、約半年遅れる。

 誤差が大きいのは、沖縄県全体と鹿児島県の島しょ部。誤差は世界最高レベルとされる6センチ程度に収める予定だった。しかし、衛星からの電波を補正するプログラムの構築に時間がかかっており、まだ数十センチの誤差があると…

この記事は有料記事です。

残り284文字(全文472文字)

あわせて読みたい

注目の特集