メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新幹線

のぞみ台車トラブルで臨時停止が急増

台車枠の側面に入った亀裂=JR西日本提供

 新幹線「のぞみ」の台車に破断寸前の亀裂が見つかった昨年12月以降、JR西日本が異音などを理由に山陽新幹線の運転を止めるケースが急増し、3月1日までに10件に達した。昨年4月から亀裂発見まではわずか1件。結果的に大きな異常は見つかっていないが、今後も安全を最優先して停止させる方針だ。

 JR西によると、10件は乗客や乗務員が異音などに気付き、駅や駅間で点検して10分以上の遅延が…

この記事は有料記事です。

残り285文字(全文474文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 時代の風 豪雨当日の宴会や死刑「実況」 今やるべきはそれか?=中島京子・作家
  2. 西日本豪雨 元広島・黒田さん、義援金1000万円寄付
  3. 茨城・大洗町 財政難で救急車老朽化も買い替えできず
  4. 西日本豪雨 誘導警官2人犠牲に 遺族「誇りに思う」
  5. 西日本豪雨 「見捨てたりしない」命救う無名のボート

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]