露大統領

「核搭載潜水艦を開発」年次教書演説で

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【モスクワ杉尾直哉】ロシアのプーチン大統領は1日、内政や外交政策について説明する年次教書演説を行い、核搭載型の無人潜水艦などの核兵器を開発していることを明らかにした。今回の教書演説は18日の大統領選を前にした今期最後の演説となり、改めて国民の愛国心に訴える狙いがあったとみられる。

 プーチン氏は、1000人以上の各界代表者が集まる会場で約2時間にわたり演説し、後半には巨大なスクリーンに実写やコンピューターグラフィックスのビデオ映像を映して新兵器を紹介した。無人潜水…

この記事は有料記事です。

残り353文字(全文587文字)

あわせて読みたい

注目の特集