メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

上尾汚職

前市議会議長に有罪判決 さいたま地裁

 埼玉県上尾市のごみ処理業務を巡る汚職事件で、あっせん収賄罪などに問われた前市議会議長、田中守被告(72)に対し、さいたま地裁(守下実裁判長)は1日、懲役2年6月、執行猶予4年、追徴金50万円の判決を言い渡した。

     判決によると、田中被告は市のペットボトル処理業務の入札で、最低制限価格などを教えるよう前市長の島村穣(みのる)被告(73)=受託収賄罪などで公判中=に働きかけた見返りに、2016年12月~17年1月、さいたま市の設備会社社長、山田明被告(82)=贈賄罪などで公判中=から現金50万円を受け取るなどした。

     守下裁判長は「島村被告を市長に擁立した市議会最大会派の重鎮として影響力を行使した」などと指摘する一方、「市議などを辞職し一定の社会的制裁を受けた」と執行猶予を付けた理由を述べた。【内田幸一】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. アメフット 日大前監督の内田氏、心労で入院へ
    2. アメフット 「日大選手、かわいそう」被害者の父が投稿
    3. 広島・高2殺害 「わいせつできず怒り」容疑者、突発的か
    4. 森友交渉記録 「安倍晋三小」14年認識 近畿財務局
    5. 日大 内田監督 誠意なき辞任 「かんさいがくいん」と何度も間違い……(スポニチ)

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]