メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

岐阜

畑で拾った石、実は隕石 国内で14年ぶり確認

 岐阜聖徳学園大などの研究グループは1日、岐阜市の男性が2012年に近所の畑で拾った石が、鉄とニッケルの合金でできた隕石(いんせき)の一種「鉄隕石」だったと発表した。国内で隕石が確認されたのは04年以来、14年ぶり。発見場所にちなみ「長良隕石」と名付けられた。

 国立極地研究所などによると、隕石は太陽系形成初期の約46億年前にできたと考えられ、これまでに世界で約5万8000個が見つかっているが、うち鉄隕石は約2%と珍しい。鉄隕石が国内で発見されたのは1938年以来という。分析した東京大の三河内岳准教授(惑星物質科学)は「太陽系の歴史を刻んだ化石。…

この記事は有料記事です。

残り413文字(全文688文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京都 「道路でこたつ」の若者を逮捕 京大院生ら2人特定
  2. マクドナルド福増町店 道路の真ん中に!? 味なことやる バイパス遊休地を活用 /北陸
  3. 愛媛県文書 安倍首相内容否定に中村知事「そうですか…」
  4. 財務省 森友交渉記録を国会に提出 改ざん前決裁文書も
  5. 高橋・狛江市長 セクハラ疑惑 一転辞意 実名抗議うけ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]