メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

パワハラ告発

伊調選手「関わっていない」 栄氏は否定

伊調馨選手=東京都港区で2016年8月24日、喜屋武真之介撮影

 2020年東京五輪でメダル有望競技のレスリング界で泥沼の騒動が表面化した。日本協会の栄和人強化本部長(57)が、教え子で五輪4連覇を達成した伊調馨選手(33)=ALSOK=にパワーハラスメントを繰り返したと匿名の関係者が1月に内閣府に告発したためだ。内容を報じる週刊文春が発売された1日、協会は全否定する見解を公表して応酬。内部で解決できないガバナンス(統治)不足をさらした。【松本晃】

 発端は伊調選手が08年北京五輪以降、栄氏が指導する母校の至学館大(愛知県大府市)から拠点を東京都に…

この記事は有料記事です。

残り657文字(全文901文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  2. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  3. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  4. 共産党「現行憲法に抵触」即位礼など欠席 他の主要政党は祝意

  5. 即位の礼 神々しさ演出 幕開き初めてお姿 即位礼 国民主権兼ね合い議論足りず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです