メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

パワハラ告発

伊調選手「関わっていない」 栄氏は否定

伊調馨選手=東京都港区で2016年8月24日、喜屋武真之介撮影

 2020年東京五輪でメダル有望競技のレスリング界で泥沼の騒動が表面化した。日本協会の栄和人強化本部長(57)が、教え子で五輪4連覇を達成した伊調馨選手(33)=ALSOK=にパワーハラスメントを繰り返したと匿名の関係者が1月に内閣府に告発したためだ。内容を報じる週刊文春が発売された1日、協会は全否定する見解を公表して応酬。内部で解決できないガバナンス(統治)不足をさらした。【松本晃】

 発端は伊調選手が08年北京五輪以降、栄氏が指導する母校の至学館大(愛知県大府市)から拠点を東京都に移したことにある。伊調選手は04年アテネ五輪男子フリースタイル55キロ級銅メダリストで日体大コーチ田南部力氏(42)に師事して、男子選手と練習に取り組んだ。

この記事は有料記事です。

残り579文字(全文901文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ナスカの地上絵 新たに「ネコ」発見 ペルー文化省発表

  2. 死刑執行、被害者遺族へ通知 21日から法務省 希望者が対象

  3. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』もはや“日本経済の柱”と話題 映画は歴代1位発進、東宝株価が高値更新…企業コラボも恩恵続々

  4. 菅首相は「反知性主義」なのか 任命拒否問題で神学者・森本あんりさんが抱く違和感

  5. オウム死刑執行 「本当の真実なくなった」河野義行さん

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです