メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国

常駐10年の社長が明かす深圳の「仕組み」と「すごさ」

インタビューに答えるジェネシスホールディングスの藤岡淳一社長=東京都千代田区で2018年2月16日、藤井太郎撮影

 中国の経済特区として知られる広東省・深圳(しんせん)。かつては「世界の下請け工場」のイメージが強かったが、近年は製造業の世界で独特のシステムを構築して成長し、「ハードウエアのシリコンバレー」として注目を集める。GDP(域内総生産)は、昨年ついに隣接する香港を上回った。深圳の「仕組み」と「すごさ」とは何か。2001年から深圳とかかわり、現在まで約10年間現地に駐在する電子機器受託製造のジェネシスホールディングスの藤岡淳一社長(41)に聞いた。【増田博樹/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り3403文字(全文3645文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  2. 死因は脳挫滅 生きたまま東尋坊転落か 滋賀トランク監禁事件

  3. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  4. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  5. 近鉄特急にはねられフィリピン女性死亡 東大阪・東花園駅

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです