メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

eye

見つめ続ける・大震災 被ばくの影響を追え 福島の沿岸部

【eye福島を調べる】東京電力第1原発から南に約1.2キロの海岸で、国立環境研究所の堀口敏宏博士(53)は波消しブロックの隙間ににもぐり込み、イボニシを採取する。干潮時間に合わせるため、時間は限られている=福島県大熊町で2018年2月20日午後0時49分、小出洋平撮影

 全国の海沿いで見掛ける大きさ数センチの巻き貝「イボニシ」。東京電力福島第1原発事故後、周辺でいなくなった。「なぜなのか。事故と関係があるのだろうか」。約30年間、沿岸部の岩場や波消しブロックに生息するイボニシを研究する国立環境研究所生態系影響評価研究室の堀口敏宏博士(53)は、2011年12月以降定期的に、福島県大熊町と富岡町の沿岸部を訪れる。波消しブロックの間に体をもぐり込ませ、波をかぶりながらイボニシを採取しては研究室に持ち帰…

この記事は有料記事です。

残り328文字(全文546文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相と菅氏、吉村知事を厚遇「リーダーシップに敬意」 小池氏と対照的

  2. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  3. 王位戦第2局、藤井聡太七段が2連勝 終盤の強さ発揮 最年少タイトルに挑戦中

  4. 「死に追いやってしまった」「逮捕されるのが怖い」 木村花さん誹謗中傷 加害者の心情

  5. 愛知・大村知事「不要不急の首都圏移動、お控えを」 県内の経済活動は推進

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです