メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シリア

「停戦」後も避難進まず 首都近郊、人道危機が深刻化

空爆で負傷した人々を運ぶ市民ら=シリアの東グータ地区で1日、民間防衛隊「ホワイトヘルメッツ」撮影の映像からAP

 【カイロ篠田航一】シリアの首都ダマスカス近郊にある反体制派支配地域の東グータ地区で、ロシアが提案した1日5時間(午前9時~午後2時)の時限停戦が2月27日に始まって以降も住民の避難が進まず、人道危機が深刻化している。在英民間組織・シリア人権観測所などによると、アサド政権軍は28日に地上部隊を投入し、本格的な制圧作戦を開始。避難用車両が安全に検問所を通過できる状況ではなく、住民からは「既に停戦は有名無実化した」との怒りの声も聞かれる。

 「攻撃が怖いので外に出たくない。停戦のニュースは聞いたが、住民は誰も信じていない。医薬品や食糧が不…

この記事は有料記事です。

残り561文字(全文830文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 晴れ着トラブル 「はれのひ」社長に逮捕状 詐欺容疑
  2. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文
  3. サッカー日本代表 「西野監督ごめんなさい」ネットに続々
  4. ORICON NEWS 天才演じる石原さとみ「私は普通の人」 峯田和伸の“取説”に興味津々
  5. サッカー日本代表 「増量と身長調整は失敗」西野監督

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]