メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

瀬戸山隆三の球界ウラ話

プロ野球/12止 新しい球団の姿 街と連携、ベイに注目

「THE BAYS」の開業セレモニーでテープカットする(左から)ラミレス監督、岡村球団社長、横浜市の渡辺副市長=横浜市中区で2017年3月18日、水戸健一撮影

 これからのプロ野球の球団は、それぞれの経営努力によって新しい価値を創造しないと生き残れないと思う。2004年の「球界再編」では、一部のオーナーたちが「1リーグ制」にしようとした。当時はまだ、集客もテレビ放映権料も「ドル箱」の巨人戦や阪神戦頼みで、パ・リーグのチームもその恩恵で収支の改善を図ろうとするもくろみがあった。だが自ら経営努力ができないのなら、新たな知恵を持つオーナーに勇気を持ってバトンタッチすべきで、そう導いていくのもコミッショナーの大きな役割の一つではないだろうか。

 私は06年、ロッテの本拠地球場に指定管理者制度を導入した。球団が球場を運営する「一体経営」の先駆け…

この記事は有料記事です。

残り801文字(全文1092文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  2. 戦争の愚 風船爆弾に悔い 製造の経験を小説に
  3. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  4. 騒動 出川哲朗 イッテQ騒動に男気初対応、信頼貫く「頑張ってる」(スポニチ)
  5. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです