希少がん

患者の声、届ける 11団体がネットワーク結成

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 患者数が少ないために診療体制の整備が遅れている希少がんの研究を促進しようと、患者会11団体が「日本希少がん患者会ネットワーク」を結成した。10月にはがん関連の3学会と連携した国際シンポジウムを開催するなど、啓発や政策提言を目指している。

 希少がんは、年間の患者発生数が人口10万人当たり6人未満のがん。脳腫瘍や軟部肉腫など約200種類が該当する。小児がんも多様な子どものがん全体を指しているため、それぞれの患者数は少ない。同100人以上の患者がいる胃がんや乳がん…

この記事は有料記事です。

残り348文字(全文580文字)

あわせて読みたい

ニュース特集