メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
写真展

「家族」の姿、知ってほしい 里親家庭や養子迎えた12組 全国巡回

里親家庭で暮らす子どもたちを撮影する江連麻紀さん(右)=長野県伊那市で2017年10月30日、鈴木敦子撮影

 里親や養子縁組した家族の日常をとらえた写真展と、被写体になった里親らによるトークイベントが5日、東京都内で開かれる。里親や養子縁組の制度を理解してもらい、普及につなげることが狙いで、東京開催を皮切りに全国を巡回する。【鈴木敦子】

 里親は、虐待や経済的事情などで親元で暮らせない子どもを都道府県などが委託する形で、原則18歳まで育てる制度。一方、養子縁組は法的に親子関係を結ぶ点で違いがある。厚生労働省によると、親元で暮らせない子どもは全国に約4万人。そのほとんどは児童養護施設などで暮らす。里親や養子縁組が進まない背景には、制度の周知・理解不足があるという指摘もある。

 そこで、「里親や養子のありのままを知ってほしい」と、専門家や関係者らが今回のイベントを企画した。撮…

この記事は有料記事です。

残り545文字(全文880文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. あおり運転、傷害容疑で手配の43歳男を逮捕 大阪市内で茨城県警

  2. ブラックバイト訴訟 大学生「怖くて辞められず」

  3. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

  4. 時代の風 「嫌韓」とは何なのか 国益なきストレス解消=藻谷浩介・日本総合研究所主席研究員

  5. 「世間に疲れた」 秋葉原事件にも共感 孤立深めた京アニ放火容疑者

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです