鉄道演劇

走行中の銚電で 東京の劇団7月に上演へ /千葉

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
電車内での記者会見に出席した銚子電鉄の竹本勝紀社長(最前列右)と劇団「シアターキューブリック」のメンバー=銚子市外川町の銚子電鉄外川駅で
電車内での記者会見に出席した銚子電鉄の竹本勝紀社長(最前列右)と劇団「シアターキューブリック」のメンバー=銚子市外川町の銚子電鉄外川駅で

 銚子電鉄(銚子市)は2日、走行中の電車内を舞台にした鉄道演劇を7月に上演することを発表した。全国のローカル鉄道で演劇を上演している劇団「シアターキューブリック」(東京都墨田区)による「銚電スリーナイン」で、車内演劇は2009年以来となる。

 物語は友人との待ち合わせのため、銚電に飛び乗った主人公が、1952年にタイムスリップし…

この記事は有料記事です。

残り247文字(全文411文字)

あわせて読みたい

ニュース特集