刊行

虐待少年の体験、詩集に 国分寺の相談所長・高橋さん「自分守るうそ、知って」 /東京

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
詩集絵本「嘘つき」を手にする高橋さん
詩集絵本「嘘つき」を手にする高橋さん

 本当は助けてほしいのに、うそをついてしまう--。虐待を受けた少年が自分を守ろうとうそをつく体験が、詩集絵本「嘘(うそ)つき」として刊行された。著者は児童養護施設などの退所者を支援する「アフターケア相談所『ゆずりは』」(国分寺市)の高橋亜美所長(44)。「虐待や貧困について考えるきっかけになってほしい」と話している。【篠崎真理子】

 詩は、少年から聞いた話を、本人の語り口でつづっている。

この記事は有料記事です。

残り559文字(全文753文字)

あわせて読みたい

ニュース特集