メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

刊行

虐待少年の体験、詩集に 国分寺の相談所長・高橋さん「自分守るうそ、知って」 /東京

詩集絵本「嘘つき」を手にする高橋さん

 本当は助けてほしいのに、うそをついてしまう--。虐待を受けた少年が自分を守ろうとうそをつく体験が、詩集絵本「嘘(うそ)つき」として刊行された。著者は児童養護施設などの退所者を支援する「アフターケア相談所『ゆずりは』」(国分寺市)の高橋亜美所長(44)。「虐待や貧困について考えるきっかけになってほしい」と話している。【篠崎真理子】

 詩は、少年から聞いた話を、本人の語り口でつづっている。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 企業の「英国離れ」加速 EU離脱控え、リセッション陥る可能性
  2. 米子東の選手がベンチ入りせず
  3. 英国 2度目の国民投票求め、数十万人デモ
  4. ジャカルタ、初の都市高速鉄道が開業 一部が地下鉄 日本が全面支援
  5. 英国 EU離脱 続く混乱 欧州統合に懐疑の歴史

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです