メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

LGBT

50校に「傾向の生徒」 トイレ・宿泊・水泳授業…配慮課題 大阪市教委初の調査 /大阪

 大阪市教委が市立校を対象にLGBTなど性的少数者に関する初めての実態調査をした。全体の11%に当たる50校が「性的少数者と自認しているか、その傾向がある児童・生徒がいる」と回答していたことが分かった。市教委指導部は「表面化していないため把握できていないケースもある。子どもが安心して学校生活を送れるよう結果を生かしたい」としている。

 調査は昨年10月、市立小中高計440校を対象に実施した。性的少数者への配慮は教育現場でも課題で、現…

この記事は有料記事です。

残り260文字(全文477文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. サッカー日本代表 「増量と身長調整は失敗」西野監督
  2. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文
  3. サッカー日本代表 「西野監督ごめんなさい」ネットに続々
  4. 1型糖尿病 障害年金を 支給求めて提訴へ
  5. サッカー日本代表 セネガル戦、速攻に要注意

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]