メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

LGBT

授業の手引 宝塚市教委が作成 実践例を紹介 /兵庫

 宝塚市教育委員会は、市内にある小中学校や幼稚園・保育所の教員らが性的少数者(LGBT)に関する授業を行うための手引書を作成した。来年度から総合学習などで実践してもらえるように呼び掛ける。

 市教委は昨年5月、教員らがLGBTの生徒を理解できるようにとリーフレットを作成。思春期にさしかかると子どもが性について考えるようになるため、教員が寄り添えるような一助になればと考えたためで、LGBTの意識調査をしている宝塚大看護学部の日高庸晴教授が監修した。今回は教員が実際の授業ではどのように児童らに性の多様性を伝えるとよい…

この記事は有料記事です。

残り389文字(全文647文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 地震 大阪府北部で震度6弱
  2. 高校バスケット 判定に不満 延岡学園選手が突然審判殴る
  3. 大阪震度6弱 エレベーターの閉じ込め相次ぐ
  4. 大阪震度6弱 心肺停止2人に 大阪市でも81歳男性
  5. 大阪震度6弱 大飯・高浜原発、もんじゅなど「異常なし」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]