連載

勝利の方程式

世界や全国で活躍する奈良県内のスポーツ選手たち。勝つための工夫や何を支えにしているのかを紹介します。

連載一覧

勝利の方程式

大和のアスリートたち 陸上・松本駿選手(智弁学園奈良カレッジ高)/下 体幹鍛えフォーム保つ /奈良

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
練習の合間にチームメイトと談笑する智弁学園奈良カレッジ高等部2年の松本駿選手(中央)=奈良県香芝市で、数野智史撮影
練習の合間にチームメイトと談笑する智弁学園奈良カレッジ高等部2年の松本駿選手(中央)=奈良県香芝市で、数野智史撮影

 昨年秋の愛媛国体陸上競技800メートル(少年男子)で自己ベストを更新し、3位入賞した智弁学園奈良カレッジ高等部2年の松本駿選手(17)。勝敗に直結するラスト100メートルのスパートに強い思いを懸け、最後までフォームを保つ走りに自信を持っている。

 松本選手が高校進学後、目標としたのは学年が一つ上の兵庫県の選手。「なぜ、ラストスパートで他の選手を圧倒できるのか」。動画を繰り返し見て研究し、体力が限界を迎えても最後まで体の軸をぶらさず、フォームを保つことの大切さに気付いた。

 そこで力を入れ始めたのは体幹トレーニング。陸上部での練習に加え、体の中心部の筋肉を鍛える体操を毎日自宅でこなすようになった。重心がぶれず動きの無駄が減ったフォームを見た周囲からは「ロボット」と言われるほどに。「体の軸はしっかり作れている」と手応えを語る。

この記事は有料記事です。

残り282文字(全文647文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集