メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教える育む学び合う

県立和歌山工業高校 「建築甲子園」でベスト8 アイデア斬新、3年連続 /和歌山

「建築甲子園」でベスト8入りした県立和歌山工の生徒たち=和歌山市西浜3の同校で、山成孝治撮影

 「第8回高校生の『建築甲子園』」(日本建築士会連合会など主催)で、県立和歌山工業高校(和歌山市西浜3)の2年生6人の作品がベスト8入りし、2月21日にあった表彰式で、県建築士会の池内茂雄会長から表彰状が授与された。ベスト8は3年連続で、今回は「まちづくり委員長特別賞」にも選ばれた。

 受賞したのは、建築科2年の▽鍵野真吾さん▽東皇佑(ひがしこうすけ)さん▽古久保裕樹(ふるくぼゆうき)さん▽岩橋夏花さん▽奥田リナさん▽竹原凜花(りんか)さん--の6人。今回のテーマは「地域のくらし-空き家を活(い)かす」で、社会的な問題となっている「空き家」の活用や再生について、斬新なアイデアを競った。

 6人は授業の一環で坂東大介講師の指導を受け、夏休み中の昨年8月から作業に取り組んだ。「黒江塗」とも…

この記事は有料記事です。

残り399文字(全文744文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅官房長官、桜を見る会で反社勢力とツーショット? 「指摘は承知している」

  2. 支払い前に領収書? 宛名未記入?…ANAホテルの回答から浮かび上がる 首相説明の不自然さ

  3. 丸山穂高氏、饗宴の儀で不適切言動か 「何をもって泥酔していたというのか」本人は否定

  4. 「妊娠しないで」「謝れ」「戻る場所ない」これがマタハラの実態

  5. クマの親子とバッタリ 69歳男性、顔などかまれ重傷 滋賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです