メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

鉄鋼輸入制限 保護主義、世界に背 中間選挙を意識

 トランプ米大統領が鉄鋼・アルミニウム製品に対する関税引き上げを表明した背景には、11月の中間選挙をにらんで政権浮揚を図りたい思惑があるとみられる。しかし、中国や欧州は反発を強めており、貿易摩擦が激化し世界の自由貿易体制秩序が揺らぐ可能性も出ている。

 「他国が我々の企業を、我々の雇用を破壊した。長年にわたり、そうしたことが起こってきた」。トランプ氏は1日、ホワイトハウスに国内鉄鋼・アルミ企業の幹部を集めた会合で、国内関連業界の衰退は中国など貿易相手国に原因があるとの考えを強調した。そのうえでこう念を押した。「関税が対応策になるんだな」。米鉄鋼大手USスチールのデビッド・ブリット最高経営責任者(CEO)は「イエス。(中国製品などの流入は)我々にとってモグラたたきゲームです」と即答した。

 米通商拡大法232条に基づく輸入制限発動には、米産業界や与党共和党、日本を含む同盟国が慎重な検討を…

この記事は有料記事です。

残り1886文字(全文2282文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  2. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  3. れいわ山本代表「落選なら次は衆院選に」
  4. 2019参院選 開票結果・比例代表(その1)
  5. れいわで国会バリアフリー化求められる 重度障害・ALS患者の舩後氏初当選

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです