メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

農業の現場に力がない=資源・食糧問題研究所代表 柴田明夫

 野菜の高値が続いている。スーパーの店頭では4分の1にカットされた白菜が175円。ニンジンなども小ぶりだ。天候不順の影響が大きいのだろうが、そればかりではない。茨城県で園芸農場を経営する知人は「農業の現場に力がない」と言う。高齢化に加えて労働力が不足しているためだ。

 農林水産省によれば、2017年2月時点の農業従事者は151万人で、05年から73万人減り、平均年齢は66歳を超えた。恒常的な人手不足に加え、収穫期などの労働力確保が困難な状況となっている。稲作は、水田の区画整備と大型機械の導入で労働時間が大幅短縮し、雇用労働力への依存は小さい。だが野菜や果樹など労働集約型の作物はそ…

この記事は有料記事です。

残り439文字(全文731文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  2. 水樹奈々 小学生役に「私、本当に大丈夫」? 小林星蘭の「同級生」発言に大喜び
  3. 食品衛生法違反 食中毒出し営業続行 容疑の料理店、書類送検 小牧署 /愛知
  4. 交通事故 青森の国道で車4台衝突 3人死亡、5人けが
  5. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです