メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

作野一男さん=万能川柳年間大賞を受賞した

作野一男(さくの・かずお)さん(63)

 63歳を迎えた翌日の1月22日、受話器が知らせた吉報に胸を躍らせた。「お年玉と誕生日プレゼントをいっぺんにもらったよう」。2017年の元日紙面を飾った「書き初めに勇ましい字が出ぬように」が、約59万句を集めたこの年の万能川柳で年間大賞に輝いた。

 激務に病が重なり、大阪府高槻市で営んでいた青果店をたたんだのが7年前。持て余した時間に打ち込める趣味を探すうち、毎朝繰る新聞に万能川柳があったことを思い出す。はがき1枚で参加できる気軽さに、テーマに縛られない自由さが気に入った。投句から間もない12年5月には…

この記事は有料記事です。

残り410文字(全文682文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 編集部のよびかけ れいわが主張「消費税廃止」の賛否は

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 即位の礼で使われる 高御座とは

  3. 車7台が事故 15人負傷 3台炎上 愛知・伊勢湾岸自動車道

  4. 即位礼正殿の儀始まる 180以上の国などから2000人参列

  5. 変革 第10部 マルハニチロ/18 回転ずし、魚も肉も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです