メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

作野一男さん=万能川柳年間大賞を受賞した

作野一男(さくの・かずお)さん(63)

 63歳を迎えた翌日の1月22日、受話器が知らせた吉報に胸を躍らせた。「お年玉と誕生日プレゼントをいっぺんにもらったよう」。2017年の元日紙面を飾った「書き初めに勇ましい字が出ぬように」が、約59万句を集めたこの年の万能川柳で年間大賞に輝いた。

 激務に病が重なり、大阪府高槻市で営んでいた青果店をたたんだのが7年前。持て余した時間に打ち込める趣味を探すうち、毎朝繰る新聞に万能川柳があったことを思い出す。はがき1枚で参加できる気軽さに、テーマに縛られない自由さが気に入った。投句から間もない12年5月には…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  2. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  3. ORICON NEWS 中居正広、3年半ぶり『ワイドナショー』出演 松本人志「変な感じ」
  4. リゼロ テレビアニメ第2期の制作決定 ティザービジュアルにスバルとエミリア
  5. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです