メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

写真電子化 思い出そばに

整理するアルバムを見ながら、思い出を語る中山和夫さん(右)と次女の小澤明美さん=東京都葛飾区で

 デジタルカメラやスマートフォン(スマホ)が普及しても、人生の節目や家族の成長の記録は紙焼きの写真で残っている世代がまだ大多数だ。とはいえ、バラバラのまま箱に入れていたり、アルバムに貼ったままだったりして、見返すことは少ないもの。電子化して活用してみよう。

 ●簡単に見られる

 東京都葛飾区の中山和夫さん(88)は昨年末、3冊のアルバムから人生の節目を象徴する写真を選び、電子化した。3年前に亡くなった妻光津江さんが和装ではにかむ結婚写真や、子どものお宮参りのひとコマ--。アルバムは長年押し入れにしまってあったが、電子化後にスマホへ保存してからは「最近、たまに見るね」とほほ笑む。画像を収めたフォルダーには「記念」と名前をつけた。

 次女の小澤明美さん(58)が趣味のクラシックバレエの写真を電子化したのがきっかけ。舞台上で輝く自分の姿をスマホでいつでも見られるようになった。「見るたび、その時その瞬間に気持ちが戻りうれしくなる。スマホだと簡単に拡大して見られるのもいい」。そこで、妻亡き後、1人で自宅の片付けを進めていた中山さんにも勧めた。

この記事は有料記事です。

残り1756文字(全文2226文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「存在しません」東京五輪ツイッター公式アカウント 規約抵触で 24日午後に復旧

  2. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  3. 岐阜県知事選 古田氏が5選 新人3氏を破る

  4. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  5. 菅首相、SNS活用を学ぶ 「曲解して伝わる仕組み」に強い関心

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです