メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

男の気持ち

脱・亭主関白 千葉県船橋市・長内軍士(会社顧問・74歳)

 私は戦時中の生まれだ。男は外で稼ぎ女は家を守るという社会通念で育ち、私の結婚生活はこの欄で再三たたかれている亭主関白であった。

 最初の勤めを定年で終え、第2の会社に勤め始めた65歳の時、妻から「あなたが定年を迎えたように主婦も定年。明日から家事を半分ずつ分担しましょう」と申し出があった。次の会社への勤めがあるからと言うと、「それはあなたの趣味と同じ。家事の分担には影響しません」との返事だった。

 言われればもっともである。不承不承であるがこれに従い家事を分担することにした。料理は下ごしらえや隠…

この記事は有料記事です。

残り344文字(全文593文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  2. 高齢者事故「娘の死は殺人」 発生3年、母が制度改正訴え活動

  3. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出

  4. HIV感染告げなかったことを理由に内定取り消し 社会福祉法人に賠償命令 札幌地裁

  5. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです