メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

名作の現場

第36回/止 『万葉集』 案内人・酒井順子(その1)

大宰府展示館わきに開いた梅の花と酒井順子さん=福岡県太宰府市で、津村豊和撮影

 奈良時代の花といえば、桃でも桜でもなく梅。春を告げる香りが名歌を生んできた。『万葉集』の古里である梅の名所・福岡県太宰府市周辺を、酒井順子さんが歩く。

 「あをによし寧楽(なら)の京師(みやこ)は咲く花の薫(にお)ふがごとく今さかりなり」(小野老(おゆ))

 といえば、『万葉集』の中でも有名な歌。私はこの歌のことを、作者が住む奈良の都をたたえる歌だと思っていました。

 しかし、この度訪ねた福岡は大宰府政庁跡に、この歌の碑が。おや、なぜここに……?と思っていると、「大宰府万葉会」を主宰される松尾セイ子さんが「この歌は、老が、大宰府の地から奈良を思って詠んだ歌なのですよ」と、教えてくださったのです。

この記事は有料記事です。

残り1258文字(全文1557文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛知県警でクラスター発生 警察官や親族など計21人感染

  2. 児童手当受給世帯、子供1人につき1万円支給へ 政府コロナ緊急経済対策

  3. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

  4. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  5. 各国で計画進むBCGの臨床試験 感染予防へ高まる期待 「命の危険」懸念も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです