メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

エンタメ小説・今月の推し!

出口ないJK 死を見つめる

 桐野夏生さんの『路上のX』(朝日新聞出版)は、現代格差社会の闇の一つ、出口がないJK(女子高生のこと。広義ではその年代の女の子)の生きる姿に斬り込んだ戦慄(せんりつ)の一冊だ。

 親が事業に失敗し、預けられた叔父の家で満足に食べさせてももらえない16歳の真由。家出した東京・渋谷で1歳上のリオナと出会う。大学生のマンションに転がり込み、奇妙な生活が始まる。貧困、虐待、ネグレクトの中で育ち、逃げるすべは家出だけ。泊まる場所も、お金もなく、男たちの欲望にさらされ、だまされ、搾取される日々。彼女たちの叫ぶ声はどこにも届かず、その前に助けを呼ぶ知恵も、絶望や孤独を語る言葉すらおぼつかない様子を容赦なく描き出す。

 街に逃げ出した少女が生きていくのは、かくも困難なのだ。乾いた筆致で淡々と紡ぎ出す物語世界に引きずり…

この記事は有料記事です。

残り493文字(全文847文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 唐田えりかさんがドラマ出演自粛 東出昌大さんとの不倫報道で「反省」

  2. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  3. 井筒屋入居のビルが破産 クロサキメイト4月末で閉店 北九州・JR黒崎駅前

  4. こんな手口聞いたことない 認知症の高齢者から自宅聞き出し、貴金属業者呼んで強盗

  5. 相模原殺傷 植松被告の変貌ぶりに衝撃受ける友人らの証言紹介

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです